Designed by
Tsubasa Sudo (Service, Presentation)
Takuya Ogawa (Service, Graphics)
Hozuki Miyakoshi (Service)
Shuuhei Narita (Service)
HAKOCHIKA(函館地下広場)とは、函館市電の一部の路線区間を利用した、人と市電が行き交う公園型地下電停複合広場である。

本来の電停としての機能を維持しつつ、床全体を芝生にし、周りにベンチ等を配置することによって、公園のような自由で居心地の良い空間にした。
電停周辺には様々な店が出店しており、そのままショッピングとしても利用できる。

利用者のあらゆるニーズに応えることができる、自由で居心地のいい空間をめざしてデザインした。


HAKOCHIKAの三方よし
「売り手」「買い手」「世間」の3つにとって良いデザインを考えること(=三方よし)が今回の授業のテーマだった。
私たちは、HAKOCHIKAにとっての三方よしを、以下のように考えた。

HAKOCHIKA利用者に良し
天候に左右されずに、公園のような空間で自由きままにすごせる。
降車してから、車を気にすることなく自由に移動や買い物ができる。

函館市電に良し
利用者と函館市電との距離が縮まるようなスポットになる。
車を気にする必要がなくなる。

函館市民に良し
ハコチカが地域のコミュニケーションスペースとなる。
珍しい広場として、外部地域から注目される。

ロゴデザイン

中間発表会の様子

最終発表会の様子

最終発表会のスライド

Back to Top